医薬品のネット販売でヨヒンビンで性生活

昨今インターネットの普及により医薬品の購入にネット販売を使用するという人が多くなってきました。
特にED治療薬は店頭で購入するのに抵抗があったり低価格などの理由で比較的多く利用されています。
そんな中でも古くからあり根強い人気のあるED治療薬がヨヒンビンです。
西アフリカ原産の植物「ヨヒンベ」の樹皮から発見された成分であり、主に催淫剤や勃起機能の改善に使用されてきた、ある種の交感神経遮断薬です。作用機序としては交感神経のα2受容体をブロックすることで勃起を促します。脳からの勃起する・しないという命令は、神経の経路が別々になっており二つのバランスで伝わっています。ヨヒンビンは勃起しないという命令側の神経の伝達をブロックし、結果勃起するという命令の神経伝達だけが強まるのです。
また鬱状態のときはα2受容体の働きが強くなっているという報告があり、これに対するヨヒンビンの作用により心因性EDにも効果があると期待されています。
さらにα2受容体は射精を抑制する働きもあります。そこでヨヒンビンのα2受容体を遮断する働きにより射精反射が促進されるので、膣内射精障害などにも効果があるとされています。
この成分は量の高低で作用が異なる物質です。低用量のほうが本来の効果を発揮し、多く服用したからといってその効果が強まったりはせず、逆に副作用が強くなる危険性があります。定められた用量を守らず使用すると、必ずしも効果を期待できないだけでなく、最悪の場合死亡する危険を伴いますので用量を守って服用することが重要です。
EDや射精障害はパートナーとの破局の原因にも十分なり得ます。充実した性生活を送るためにこのような治療薬は心強い味方になってくれるはずです。