便利な反面リスクを内包するSNS

インターネットの発達によって、近年では子供からお年寄りまで、男女を問わずSNSを利用する人々が増えました。
SNSを利用すると、独身や既婚などといった同じような立場の人と情報交換をしたり、読書や映画鑑賞などの趣味を通して仲間を見つけて話をしたりすることができます。
たいていの場合は、匿名でやりとりをすることが多いので、現実の世界にありがちなしがらみなどがないため、気軽に交流をもつことができます。
しかし、このように便利な反面、リスクを内包するSNSがあることも確かです。最近、起こった事件としては、SNSのアカウントの乗っ取り事件です。アカウントを乗っ取った犯人は、なりすましの手口を使って金銭をだまし取っていました。このような乗っ取りは、SNSのアカウントのパスワードなどが流出してしまったことによって起こることが多いようです。
また、流出していなくても、誕生日や簡単な数字など、他人から推測されやすいパスワードを設定していると、悪意ある他人に簡単に利用されてしまうことがあります。
このことから、パスワードについては利用するSNSごとに変えるということや、他人に推測されにくいものにするということが重要です。