増え続けるSNS関連トラブル

昨今、インターネットの普及により、インターネット上でのコミュニケーションツールも増加してきています。
フェイスブックやツイッターなど、SNSの利用者数は年々増加しており、それに伴い、SNS関連トラブルも数多く発生しています。
SNSを利用していて、インターネットに依存しすぎて時間を浪費したり、SNS上で自分の悪口など書かれたりする経験がある人も多いのではないでしょうか。

さまざまなトラブルがあるなかで、例えば、SNSやプロフィールなどに安易に自分の名前や職場など個人情報を記載したために、情報が漏れたり、嫌がらせをうける被害もあります。
また、不正アプリを知らずのうちにインストールしてしまったことで、電話番号などの情報も盗み取られてしまうケースもあります。
個人情報の流出以外にも、SNSで知り合った相手とのトラブルなども多い現状です。
犯罪に巻き込まれる危険性も高かったり、SNSでのやり取りから有料の出会い系サイトに誘導されるということも頻繁にあります。

このような増え続けるSNS関連トラブル対して、自分が被害者、または加害者になるかもしれないという危険性を十分に理解し、安易に個人情報などを書き込んだりしないように注意してSNSを効果的に利用していくことが重要です。