劣等感を感じる人は医薬品で経験値を積もう

勃起機能の低下を意味するEDは、壮年以降の男性が身体機能の衰えと共に発症するイメージがありますが、実は20代の若い男性などにも起こり得る症状です。体は健康で問題がないのにEDの症状が現れる場合は心因性のEDが考えられます。気分が落ち込むうつ病や統合失調症といった精神疾患をはじめ、会社でのストレスや夫婦関係のトラブル、 他にも子供の頃のトラウマがEDの原因となっている事があります。

性行為の際にEDの症状が現れてしまうと、男性は劣等感を感じ、その劣等感がプレッシャーや緊張に繋がりますますEDが進行してしまう事も珍しくありません。そんな時におすすめなのがED治療薬で、心因性のEDであっても、勃起を促すPDE5阻害薬が効果的と言われています。PDE5とは勃起を阻害する働きのある酵素で、それを抑制する事で性的刺激を受けた際に勃起のサポートを行ってくれます。
PDE5を阻害するED治療薬には、有名なバイアグラをはじめ、レビトラやシアリスといった日本で販売が承認された三種類の医薬品があります。それぞれ効果の強さや持続時間に違いがありますが、有効性と安全性が確認されています。ED治療薬は、病院や専門のクリニックで医師から処方を受ける事で手に入れる事ができます。個人輸入で購入する手段もありますが、粗悪品や偽造品が出回っているので注意しましょう。

体に問題が無いのに、医薬品に頼る事に抵抗感を感じる人もいるかもしれませんが、医薬品の手助けにより性行為が成功したという経験値を積む事で、自然にEDが解消していく場合があります。自信を取り戻し、性行為を問題なく行えるほどに回復したら、医薬品の服用を中止する事ができます。ED治療薬は依存性が無いので、安全に止める事ができます。